QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年02月28日

映画関係。

 映画の小道具の前にまず記章ネタを。



63年のモスクワ映画祭、取材バッジ。91年の第14回レニングラード映画フェスティバル、ソ連映画50周年および60周年記念バッジとこれ系のものも(無理に探さなくても)容易に手に入るというのがコレクター業界の恐ろしさである。


для кино "Турецкий гамбит"

映画用の制帽だが、露土戦争の映画「トゥレツキー・ガンビット」のおかげで多少小道具の余りが出回るようになってきた。まあ白い綿生地の夏用キャップの方がコンプリートするにも楽なのだが。
アレキサンドル2世の装備はロシア軍服史でも特殊な時期なので実にややこしい。少し時期がずれると階級で織が違う金・銀織が帽子に縫い付けられているため地獄のような苦労をする羽目になるのだ。


для кино "Статский советник"

ミハルコフの日本未公開映画「政府参事官」で使用された帝政期ロシア警官の冬帽。日本の情報員を相手にした活劇なのだがなぜ日本では紹介すらされていないのか不思議である。
帽子の方は日本の演劇界ではかなり重宝すると思う。「どん底」とか(笑)。





この記事へのコメント
「政府参事官」、なんかタイトルが素敵。
DVD探すので原題教えて下さい。

お勧めのソ連時代の戦争映画(と言うか軍人が主人公の映画)はなんでしょうか?出来れば大戦後が舞台の正義のソ連軍が活躍するのが見たいです安西先生。

帝政ロシアの物はサーベルとベルトバックル、メダルぐらいは売ってるのみました。
Posted by たなかひでき at 2011年02月28日 17:39
>参事官:Статский советникです。5等官ですから相当な高位ですな。
主演はミハルコフ映画常連のメンシコフ、変な日本式の風呂とか出てくるのでちょっと笑えます。
ソ連時代・・・。戦争映画じゃないですが、テレビ映画で「待ち合わせ場所は替えるべからず」место встречи изменить нельзя
なんかどうでしょう。終戦直後のモスクワ刑事の話ですが(ヴィソツキー主演)復員ソ連将校の刑事が私服として「肩章外した軍服」着てるのが面白いです。
また思いついたらmixi上でなにか書きます。

>帝政もの:モスクワでも90年代は大体そんな感じでしたが、だんだん高価&品薄になって現在に至ります・・・。
最近開拓した映画会社ルートのおかげで惜しげもなく着潰せるものが増えてきてありがたいです。
Posted by YakovYakov at 2011年02月28日 18:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。