QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
Yakov

2011年08月24日

放射能チェック

 本日来客につき簡易更新。この春モスクワの空港で日本から来た乗客全員が放射能チェック(身体への付着物等の検査)を受けたことは前にも書いたが、その測定員は非常に特殊な制服を着用していた。
外付けタラップにいた男性職員は制帽に上着、建物内の女性計測官は私服に専用エプロンを着ていたのだがその色というのは・・・。



何のかんの言いながら結局同じ帽子を探し出すことが出来た。Роспотребнадзор(ロシア消費物資監査局とでも訳すのだろうか?)の制帽である。銀色のあご紐と文官共通丸型帽章をつければとりあえず完品となる状態だ。
制服のほうはこんな色(ボルドー色)で特殊なワッペンと階級章がつくのでかなり難易度が高いのだが、救急隊員(この組織にも作業服が存在する)用の同色冬用作業服も入手したのでかなり先が見えてきた。さっそく簡易検査機を探さないと・・・(<不謹慎)。
それにしてもРоспотребнадзор、消費物資と人間を同時に測定対象とするのはかなりアバウトに過ぎる気がする。





この記事へのコメント
先日はありがとうございましたー。
>制帽 ・・・なんか桃太郎電鉄的な色してますね。目立つから一発で判りそうだけどこれは別の意味で被るのも難易度高そうですね・・・w
Posted by きむちずむ at 2011年08月24日 21:10
いえいえどういたしまして。
>桃太郎電鉄:なんというかこれっぽっちも一般性のない形容ですが、私的にはよくわかります(笑)。この春にはEU産のキュウリが大腸菌汚染されてた件でよくロシアのテレビに出てましたが、人間の汚染チェックをしていたのにはちょっと驚きました。
>難易度:作業服も買ったのであとは線量計を手にうろうろするだけです(<6月の不謹慎写真そのままかよ)。
Posted by YakovYakov at 2011年08月25日 02:09
キーングボンビー!ソ連軍装品コレクションなのねん。それにしてもわけのわからないカラーリング。官公庁の装備品としての迫力ゼロ。もはやコスプレグッズの領域ですね。
Posted by 来場者 at 2011年09月01日 13:57
・・・まあこの制服が制定されたとき、ロシア人もあきれたようでそのときのTVニュースがいまだインターネット上を駆け巡っています(笑)。
>迫力:いやあ、直接放射能測定されてみると官公庁的迫力は十分にあると思います(<それは測定器の迫力だ)。
Posted by YakovYakov at 2011年09月01日 17:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。