QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年03月30日

通信・電話局(12)

 今回は制服ネタで。



昨年秋にいいベース服を手に入れたので80年代の郵便局・電話局の襟章をつけてみた。制服の裁断としてはソ連時代の国家技術監査官と同じなので(制帽の配色まで同じである)非常に便利な一品である(<筆者限定)。以前郵便職員の袖章を紹介したが、中~上級職員につくかどうかは不明。下級職員限定である可能性が高いのだ。



戦前とか50年代の帽章は何度か紹介したが、それらと比べて80年代の帽章はかなり残念である。これで上級職(佐官級)のものなのだ。



これは同時期の下~中級職員用。50年代のものは綺麗な七宝が入っていたので昔は「戦前の民警将軍帽章」と誤認しているバイヤーをよく見かけた。知っていたので当時騙されたことはないのだが、今のご時世では「50年代の郵便帽章」としての相場が高止まりしているので「10年前のぼったくり価格」がいまや普通である。昔に買っておいてよかった(笑)。





この記事へのコメント
いやこれはいい物です。
でも郵便局なあ、帽子以外見たことがなく。
Posted by F・タナカ at 2012年03月30日 19:08
帽子はほんとにごろごろしてるんですけどねえ・・・。
鉄道員は最下級職員は帽子だけ・・・ってのが許されてたのですが郵便もそうだったりするんでしょうか(今のところ何の根拠もない与太ではあるのですが)。
Posted by YakovYakov at 2012年03月30日 20:15
映画とかで観た記憶が、

>帽子のみ
Posted by F・タナカ at 2012年03月30日 21:21
外勤でコートの下が私服ってのはアニメ映画の「プロストクワーシャ村シリーズ」のぺチキンがやってましたよね。アレは毛皮帽まで私物だったけど。脱線しますけど猫のマトロスキンが「ポチュタ」と書いた水兵帽を作ってぺチキンにプレゼントする回があったのですがいつかはペナントを(略・・・<これじゃ単なるアニメキャラコスプレ
Posted by YakovYakov at 2012年03月31日 10:07
>帽子のみ
外勤の自転車乗り位しか制帽着用例がなく、
片や一部のバイトにもウィンドブレーカー等の「制服」が支給される日本の郵便とは正反対ですね。

まぁ他の機関も含め「制服」に関する感覚が違うんでしょうなぁ。
Posted by ムリヤーノフ at 2012年03月31日 11:49
>制帽:日本で日用品としての帽子が廃れつつあることの反映なのでしょうかねえ。まあ鉄道とかでは依然健在なところを見ると「屋外で顧客と意思疎通する機会」が少ない業務内容と理解されているのかもしれません(詳しい現役の方、いかがでしょうか)。
思えば明治時代には拳じゅ(<例が古すぎるだろ)
Posted by YakovYakov at 2012年03月31日 15:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。