QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年06月15日

壁の彩(3)

 本日も搬入やら設営やらでバタバタしっぱなしだった(結構サボってもいたけど)。また簡単にプレートネタなど。



工場とか工房で使う注意札。要するに「まだ配電作業をやっているので勝手に電源を入れるな!」ということだが…。



材質はこの通り、よくある集積材の合板に適当なステンシル(風)印刷しただけの簡易版である。ミリタリーキャンプなどやっているとこういう材質の板が意外と少ないのに悩んだりするのだが。
それにしても現業系の仕事をしていない筆者がこれを買うのも妙な話だが、それを言ったら筆者の趣味自体が以下略。



ちょっとピンぼけの写真になってしまったが、ソ連・ロシアの街頭によく貼られている「かつてここにXX氏が住んでいた」銘板の簡易版というかなんというか。「この家に二次戦の参戦軍人が住んでいた」というテンプレートに自分の名前を書き込むのである。つい先月参戦軍人と間違われた筆者にもこのプレートを貼り出す資格があるだろうか(いや、ないから)。

余談だが、モスクワ在住の友人宅の近くにかつてキム・フィルビーが住んでいた建物がある。現在はSVRあたりが管理している建物らしいが、そこには「かつてキム・フィルビーが住んでいた」旨のプレートが埋め込まれていて公道からもよく見える。
で、その友人が当該プレートを写真に撮っていたら出てきた職員にえらく怒られたらしい。だったらプレートとか貼っとくんじゃない、とは友人の弁。




この記事へのコメント
後半のネタ、現在形なので「ここに参戦軍人が住んでいます」と書くべきですかね。
(恩給は郵便局で受け取るので)別に配達用の表示というわけではないですが。
Posted by YakovYakov at 2012年06月16日 09:51
ども。無事の帰国なによりです。
わたしもルビヤンカでアンドロポフ議長のプレートを撮影したことがありましたが、
交通整理中のミリツィアに睨まれただけで何もなかったですね
ところでプレートの合板ですが、カラーポックスの背板が案外ぴったりなのではないかと
問題は背板を使ってしまうとカラーボックスがただの木枠になってしまうところですが、
それはそれで使い道があるかな?
Posted by 津久田重吾 at 2012年06月16日 10:29
どうもどうも。いつもお世話さまです。
>睨まれた:まあ「なんだこいつ」くらいの扱いどまりですよねえ普通。
>背板:なるほど、適当に薄いしいいかもしれませんねえ。残りの木枠は強度が大幅に低下するのが考え物ですが…う~む地球にやさしい悪用法を考えるとしますか(<矛盾を含む構文)
Posted by YakovYakov at 2012年06月16日 23:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。