QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年06月29日

付属品。

 今回は小物ネタで。筆者以外誰も欲しがらないと思う超ニッチなジャンルである。



大戦中のソ連26㎜信号拳銃(シュパーギン設計)СПШ44の木製グリップ。ドイツ軍の信号銃と違っていつまで待ってもモデル化されない(そりゃそうだ)ために手持ちのホルスターが一向に活用できない。
・・・これでサイズがわかったところでプラ板積層の文鎮を作るくらいが関の山だとおもうけど。



7連発ナガンピストルはこのブログ的には十分有名だと思うが、これは短縮版(指揮官用)ナガンのベークライト製グリップだ。ホルスターとプラキャストの文鎮モデルを持っているので(2008年9月25日紹介)オリジナルサイズと比べられるのが実にうれしい。写真を見て(適当にぶった切って)作ったキャストモデルと現物がほぼ同寸であったのはひそかに自慢できそうだ(<誰得)。




この記事へのコメント
私は欲しいですよ、信号拳銃のグリップ。ナガンもですけど。色々予定があって中々進みませんけど。
ただナガンは3回くらい自作してるんでそこまでのテンションが(意味不明)
Posted by 清水技研 at 2012年06月29日 22:41
どうもどうも。本体ごと持ってるロシア人は何人もいるんですが(本体持ってきたら即タイーホですなあ)パーツだけって意外に出ないんですよ。
そんなわけでとチャンスを逃したらいかんので買ってきました。モデル作成される際はいつでも資料提供(これ以外だとマニュアルくらいですが)いたしますよ。
Posted by YakovYakov at 2012年06月30日 01:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。