QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年08月23日

夏の軍装(5)

 またパナマネタ。4~50年代の方は資料も写真もまだそろっていないのでより新しい(当社比)系を。



筆者は大体モスクワでコレクションを入手しているので「現用」(アフガン以降)のパナマといえば大体タシケントあたりで作られた厚手のカーキ綿地ばかりなのだが、一度だけ薄緑色のツヤあり綿生地(兵隊用語でいうステクラーシュカ:硝子生地)のものを手に入れることができた。70年代の熱帯服の場合、筆者はなぜかステクラーシュカばかり手に入れているので実にうれしかった。この生地で作られた将校裁断(ひじ当てやひざ当てがなく襟章がカーキウール)の熱帯服はかなり多いのだが、あくまで経験的なものなので「ステクラーシュカだから将校用」との短絡は禁物である(ていうかそんな規定はない)。


Хохольская копия

そんな感じでステクラーシュカを探していたら日本の骨董市でパナマが…。嬉々として近づいてみたらウクライナあたりで作られた新造品だった(そんなわけで値切って購入)。顎紐とボタンはひどい模造品だったので手持ちと取り換えてみたらまあまあいい感じに。裏地さえ見なければ十分な出来なので遊びには使えそうだ。




この記事へのコメント
〉厚手のカーキ綿地

そうですねえ当地でもそればっかりです。
一度上の薄茶硝子生地のスナップボタン付きを
見付け「おっ」と思って手に取るとキルギス製。
90年代の軍用かお土産用か。で、買わなかったんですけど。
Posted by F・タナカ at 2012年08月24日 05:59
生産量が少ないのか(好まれて)優先的に消費されたのか今となってはわかりませんからねえ…。多分生産統計でも「生地別」になんて算出してないでしょうし。服と帽子の生地が合致することなんて実際にはまれなんですが、それでも探したいマニアの悲しさ。
50年前とかだったらわざわざ複製作ってもいいですけどまだそこまで昔じゃないでできれば実物が…。
Posted by YakovYakov at 2012年08月24日 11:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。