QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2008年09月12日

見本市・安全2008(1)

 旧ブログも普通に更新しているのだから無理にこっちまで更新する必要もないのだが・・・。
でもまあ写真がバカスカ貼れて楽しいのでまた更新(<子供か?)。
同じくブログ容量が不安で写真がろくに貼れなかった見本市の補足。

ラダ・ニーバが元になっているオフロード救急車だが・・・。アメリカ人か、お前は!とつっ込みたくなってしまう。まあ旧ソ連全域の道路事情から言ってこれぐらいやらないとダメなところもありそうだが。

戦勝パレードでお馴染み、ロシア版ハマーの民間(非軍事官庁)販売型。
ロシア人は「我々のハマーへの回答(笑)」と呼んでいた。なぜ(笑)かというと・・・。ロシア革命後の軍事パレードで国産戦車に「我々のチェンバレンへの回答」とスローガンを書き込んだことがあったからである。戦間期、ソ連最大の敵といえば英国だったというお話(当時アメリカは比較的親ソだったのだ)。

ちょうどこの頃はグルジアのイスラエル製無人偵察機が南オセチアで撃墜されたことなどがあり、「アレのロシア版」と呼ばれていた。それから2ヵ月後あの状態になった訳で・・・。この偵察機にサカシビリの頭の中を覗ける機能があればよかったのだが。

当然航空機も展示されている。私は制服マニアなので非常事態省航空班員が空軍型革ジャンパーを着ているのに気付いただけでおなか一杯である。



この記事へのコメント
こちらでは初めまして
これからもよろしくお願いします

>ロシア版ハマーの民間(非軍事官庁)販売型。
こんな話があったりします

★米GM、「ハマー」ブランド売却でロシア資産家と交渉

ロイター通信は13日、米ゼネラル・モーターズ(GM)が大型車ブランド「ハマー」
について、ロシアの資産家オレグ・デリパスカ氏と予備的な売却交渉に入ったと
報じた。ハマーは燃費効率の低さから米国では販売減が続くが、ロシアでは
人気が高いという。

デリパスカ氏は傘下に完成車メーカー、GAZを抱えるほか、昨年にはカナダの
自動車部品大手マグナ・インターナショナルに出資した。ハマーはインドの自動車
大手との売却交渉も取りざたされているが、GMは正式には売却方針を表明して
おらず、交渉の行方は不透明だ。

(URLが貼れない仕様のため、長文すいません)

この話が成功裏に終われば、ハマーブランドがロシアに・・・
Posted by CRS@空挺軍 at 2008年09月13日 00:27
CRS@空挺軍さま:
これはこれはようこそいらっしゃいました。
こちらこそよろしくお願いいたします。
元祖ハマーの話ですね。
モスクワの街でよく紫色のハマーを見るのですが(同一の車らしい)じっくり観察した友人によると「民間仕様」ではない純正軍ハマーだったみたいです。まあこの辺、ロシア人好きそうですよね。
しかしロシア産ハマーとアメリカ(デザインは純正)が同時に市場に出回るとカーマニア同士で恐ろしい悪罵が飛び交うんでしょうなあ。
(例)「こんなのはハマーじゃない!」
「お前なんかロシア人じゃない!」とか。
Posted by YakovYakov at 2008年09月13日 01:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。