QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2008年09月14日

将官ベルト

 某氏からのリクエストで将官用ベルトについて紹介する。まあそれほどネタが豊富、というわけでもないのだが。

1940年式の将官ベルトバックルのアップ。35将校ベルトとよく似たデザインだが、裏がフック式になっているところ(35はギボシによる固定)が大きく異なる。43年に銀糸織物ベルトが採用されるまで礼装・常勤ベルトとして使用され、野戦用には将校用と同じ装備ベルトが使われていた。もっとも55,58,59年規定では常勤兼野戦ベルトとして使用されるようになったのだが。

バックル裏に当て革がしてあるところが高級感を醸し出している。

1969年式の将官バックル2種。金色の常勤用、カーキ塗装の野戦用が存在する。上の常勤用には金メッキがしっかり掛かっているはずだが画像のものは真鍮の地肌が見えてしまっている。

制定年は定かではないがやはり69年ごろの制定と思われる海軍ベルト。
これまた真鍮の地肌が見えている。
このベルトが使用される状況としては紺色の詰襟キーテェリ服くらいしか思いつかないが(唯一規定本に解説図が載っているのだ)、海軍歩兵の将官が黒野戦服と組み合わせることも考えられる。まあ旅団長が黒服を着るなんて時は実質、式典か(特殊な)閲兵の時位のような気もするが。




タグ :装備品将官

この記事へのコメント
初めまして

読者登録を勝手ながらさせて頂きました
又、イベント等では宜しくお願い致します。
Posted by 東方義勇軍東方義勇軍 at 2008年09月14日 17:31
はじめまして。
イベントでよくお会いする方のようですね(笑)。
以前と変わらず趣味暴走ブログとなりつつありますが、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by YakovYakov at 2008年09月14日 17:37
最後の画像のベルトですね!
かっこいいですね~
最高です!
Posted by あぶるっち at 2008年09月14日 17:52
新サイト移行(併設?)、おめでとうございます。

海軍歩兵の将官が、この最後の画像にある海軍将官ベルトに黒革のマカロフホルスターを吊る可能性はありますでしょうか。また、斜革はつくものでしょうか。

質問ばかりですいません(トホホ・・・)
Posted by ak_ojisan at 2008年09月14日 17:58
あぶるっち様:
はい。本体の革が非常に厚くて斜革を通すのに苦労しそうですが何とかなるかなあ、と(苦笑)。

ak_ojisan様:
キーテェリと組合す場合は斜革なしなのですが、野戦使用となれば当然拳銃と斜革はつくと思われます。
で、海軍の吊下げホルスターですが、おそらく海軍歩兵でもこれ(海軍用の上着の裾から出すタイプ)を吊るのが正式とは思うものの、一度分解して(吊り革をぶった切って)本体の裏側に2本の切れ込みを入れ、ベルトをそこに通す・・・と言う強引な改造をした品を見たことが何回かあります。
・・・やっぱりぶらぶらして邪魔なんでしょうね。「我慢が足りない」奴は結構勝手に弄っているみたいです。
Posted by YakovYakov at 2008年09月14日 18:16
いつも貴重な情報どうも有難うございます。

「ぶらぶら」と「吊り革ぶった切って」には再び爆笑で笑いが止まりません。分解しちゃう将校もいるんですね。

いつもながらとは云えソ連・ロシア軍人恐るべしです(笑)。

どうも有難うございました!
Posted by ak_ojisan at 2008年09月14日 18:45
野戦仕様の場合は、徽章や略綬はどうなるのでしょう?
少将が野戦仕様の黒BDUを着ることがあるのでしょうか?

同じく質問ばかりですみません…
Posted by あぶるっち at 2008年09月14日 18:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。