QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年10月07日

情操玩具(26)

 旧ブログで紹介したままの記念品系を改めて。放置しておいたらいい感じに古びてきた(<ダメだろ)





砲兵の指揮官に贈られた記念品だと思うが台座(多分大理石かベークライト)が脱落していたので適当な発泡スチロール台に固定してみた。何となくロシアによくある「記念碑系野外展示」のような佇まいになっているが。
モデルになっているのは100㎜対戦車砲МТ-12だと思う。
60年代の設計だが現在でも700門近くが現役配備中であるとか。実物には簡易自走装置がついているがさすがにこれからは省略されている。





この記事へのコメント
>何となくロシアによくある「記念碑系野外展示」

ああ、なるほど。であれば緑色毒々しいペンキで再塗装と言うのはどうでしょうかw
Posted by F・タナカ at 2012年10月07日 23:35
>毒々しいペンキ:たまに市販玩具でもありますよねえ。T34(たぶん1/43)が水色が混じったような生っ白い緑色だった時にはどうしてやろうかと思いました。
マジレスするとヘルメットやら武器やら再塗装する際に「基地の門柱やゲートを塗る」用の原色緑ペンキなどを無頓着に流用しているのが理由じゃないかと思ってます。生産時には国家規格があっても再塗装は使用者の権限ですからねえ…。
この置物は真鍮系なので放っとけば緑青が吹いて緑に…(気が長い&コレクター失格な発言)
Posted by YakovYakov at 2012年10月08日 17:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。