QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2008年09月29日

当番バッジ(1)

 またもアバウトな表題だが・・・。これまでにも(旧ブログで)各種公的機関の職責バッジ等は紹介してきたのだが軍・保安系機関のものを中心にちょっとまとめておきたい。決してどれを紹介したか忘れてしまったわけではない(<語るに落ちてる)。

左は軍パトロール隊の当番バッジ。コメンダント・・・まあ憲兵と訳してもいいかもしれない。街中で見る連中は外出する兵士を呼び止めて書類点検+服装点検するのが主任務だが(服装点検は点数ノルマが厳しいときには難癖付けと化す。世界共通と思うが)、ソ連末期には民警と合同で市中警備も行なっていたのだ。ソ連時代のコメンダントは(陸海軍でちょっと違うが)制服自体もかなり優良で目立つ特別なものを着用していた。
右はヴァイーと略される軍の交通憲兵(軍用車を取り締まる軍自動車管理局:ガイーの軍隊版)バッジである。

バッジではないがここでついでに。現ロシアのコメンダントは服にこのようなパッチが着くだけで(当番バッジのデザインは未確認)特に変わった服は着ていない。

内務省軍の警備班指揮官章。もちろん小編成の長、なので位置づけとしては当番バッジに近い。

これはKGB(国境警備隊は別のデザイン)警護部隊の当直章。いろいろなものが出回る世の中である(ま、筆者のような「需要」があるからだが)。



タグ :記章保安

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。