QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年01月25日

礼装小物(3)

 ちょっとまた礼装ベルトのネタを。



以前帝政将校ベルトのレプリカ原反を一人分手に入れたのだが、適当な裏地が見つかったのでベルトのレプリカを完成させてみた。バックルは金属棒を曲げたものなのだがベルトにしてしまえばそこそこそれらしい範囲に収まった。
原反の絹糸部分、帝政のオレンジと黒のゲオルギーカラーで出来てはいるのだが発色がちょっと微妙で1944年ソ連将官パレードベルト(赤の一般兵科用)の代用にそのまま使えそうな鵺ベルト(プラスの意味で)となっている。





これはオリジナルなのだが裏地が薄皮のタイプである。ご覧のとおり実物のバックルもそれほど手の込んだものではない(さすがに黒染めはしてある)のがわかる。
とりあえず欠けていたスナップボタン(ホックの例もある)を足して着用可能にしてみた。アップにするとオレンジと黒の糸目がはっきり見えるが、遠目には赤い線に見えてしまうのはどうやら「仕様」なようだ。



帝政ロシアの代用にしようかと時々思ってしまうブルガリア冷戦期の礼装ベルト。絹部分は赤と緑なのだが、緑の糸を丁寧に黒く染め変えれば何とかなりそうな。帝政レプリカ原反の生産があと2年も遅ければ確実に「改造素材として」つぶされてしまったと思う。…同じスラブとはいえ、近隣国にはかなり容赦のない筆者なのである。




この記事へのコメント
>帝政将校ベルトのレプリカ原反を一人分

一人分かあ・・・。
まあ大統領警備大隊のベルトでもそれらしくは
あるんですけどねぇ。
Posted by F・タナカ at 2013年01月26日 02:39
いや、仕入れ先の某レイプスタンダルテ(<某じゃねえ)にはあるはずなんで、試作が成功したっぽいのでまた作りますよ。裏地日本製だけどよく似てますし。
Posted by YakovYakov at 2013年01月27日 00:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。