QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年02月21日

初期空挺服?

 このブログで「初期」とかいうと1930年代装備かと思われるかもしれないが…予想を裏切り(さらにいえば67年でも68年でもなく)69年規定のネタなのだ。



だるいので全体の画像は略したが某施設から出た1970年製の空挺戦闘服である。袖には空挺兵科ワッペンがミシン縫いされておりボタンは金ボタン、肩章と襟章のみがサブデュードタイプになっていたのだが…。襟から見えているものはなんだろうか?



そう、襟の裏側にカーキの「替え襟」がボタン留めされているのだ(シャツ用ボタン5個で固定)。白い通常の替え襟を開襟位置に縫い付けるのはもちろん普通のことだが、(筆者は80年代ロットしか見たことがなく)両面カーキの替え襟があったとは恥ずかしながら知らなかった。
読者諸氏にこのようなものを(写真含め)ご覧になられた方はおられるだろうか?今の段階では初期空挺69服にのみ存在したものと思っているのだが…?




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。