QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年09月11日

軍学校(10)

 また記章ネタと思いきや、制服ネタなのである。



1936年式の軍学校教官制服(大佐)。ご覧のとおり特殊な配色で、襟の切り返し(黒ビロード)などまるで某国である。非常に息の短い制服なのだが、ちょうど大粛清期にあたっていたので教官そのものも(多くの場合)悲惨な運命をたどった…という嫌な服である。
まあ特殊被服なので制帽とズボンはまた回を改めて。



アップ。服本体は間違いなく戦前のものだと思うが襟は新造だと思う。モスクワの友人が襟が擦り切れてほぼなくなっているギムナスチョルカを見つけて「改造系」バイヤーに売った話をしていたのでこれがそのなれの果てかもしれない(証拠なし)。
襟の階級章もレプリカだが、赤軍20周年メダルは実物だ。90年代にはまだ実物が買えたのだが今となっては天文学的に高騰してしまった。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。