QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年09月15日

鉄道警備(2)

 また落穂ひろいを。戦後4-50年代の鉄道警備員制服の仕立ては終わったのだが荷物は一向に届かず。それまではそれ以前の装備を地道に紹介しようと思う。



かなり以前から自宅に転がっているルバーハ・フレンチ。配色としては1923年のGPU鉄道警備部の規定だがこの辺のものはイレギュラーなものが多くて制服裁断は正確なのか不明である。



腰の貼りポケットとカフス回り。20年代のГУБМЕТАЛ刻印入りボタンがついており、これだけでもマニア的な価値は高い。



襟章のアップ。以前金属のТОГПУの文字章がついていたのがわかる。



袖章に旅団長クラスのものがついていたがさすがにこれはレプリカだと思う。







上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。