QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年09月28日

民警の必需品。

 明日は浜松町でビクトリーショー。ご来場の皆様、お時間が許せば都立産業貿易会館3階・T137の「スターリングラード」にぜひお立ち寄りください。まあキワモノしか置いていないわけですが(笑)。
今回は部屋をほじくっていたら出てきた指示棒のネタで。民警の必需品といいつつも交通警察と警備警察では事情が違うのはとりあえず置いといて。



非常にありがちな木製の指示棒。民警は黒白で赤白のものは主に交通憲兵が使うのだが、交通憲兵も時々白黒の指示棒を使うので厳密な規定があるということでもなさそうである。



なにげに全部グリップの形が違うのが面白い。GOSTを真剣に調べれば採用年度がわかるのかもしれないが徒労に終わるかもしれんので識者の研究を待ちたいと思う(<婉曲な手抜き宣言)。携帯用のひもがつくのが普通だが、左端のものはひょっとすると古い時代のものかもしれない(憶測)。



夜光式の誘導棒。電球で光るわけだが乾電池式(最近生産されるようになった)とそれ以外のタイプがあり…。



それらには(キャップを外すと)充電用のコンセントが内蔵されているのだ。まあ240V用なので日本では充電するのに苦労するが。







上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。