QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2013年10月10日

友の会(26)

 久しぶりにこのネタで。



この春、イズマイロヴォの骨董・軍服ブロックで知り合いから「よくわからない古い服」ということで買った服である。間違いなく戦前の服なのは(売主にも)わかるのでそこそこの代金は支払ったのだが、この服は知る人ぞ知るロシア現代史博物館(旧革命博物館」に展示されている服と同じである。戦前、コムソモールの一翼を担ったといっていいのか悪いのか、青少年組織が30年代に来ていたシュツルモフカなのである。



この服には錫メッキした軍型ボタンに貧弱な黒塗装を施したようなものがついているのだが、純正品なのか適当に当時のボタンに取り換えたのかはよくわからない。実は以前にも同型の服を布製フラーシュカとともに買ったのだがこの服に合わせる変なサムブラウンベルトにはまだ(博物館展示品以外)であったことがない。正直普通の軍型ベルトを締めていてもありだとは思うのだが。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。