QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2014年02月17日

情操玩具(40)自作中。

 今回のネタ元は日本で買える「ロシア風」大人のおもちゃである(誤解を招く表現)。
スペイン・デニックス社の装飾刀剣は日本の法に準拠したものでたいへん有難いのだが、ご存知の方も多いと思うがディティールについてはなんというかもう絶望的である。夏ごろに「セント・ジョージサーベル」という帝政高級将校の褒章武器・聖ゲオルギーの長剣を購入したが刀身とグリップは手を入れればそこそこ見られるのだが鞘といったらもう絶望的で「聖アン勲章」がついているわ吊り輪の向きは逆だわ後部の吊金具(一体式)が鋳造されていないわ…そんなわけで自作を試みるわけである。



モスクワでとりあえず金具を購入。当初現地で鞘を注文するつもりだったが刀身抜きでは作ってもらえず(サイズは測っておいたのだが)、まさか刀身を持ち込むわけにもいかず(帰りに持って帰れない)モスクワではデニックスの剣は日本での価格の二倍するとかいろいろあって鞘本体は自作することにした。苦労はプライスレス。やれやれ…。ちなみに金具はレプリカなのだが、それでもデニックスサーベルの3倍超の値段という早くも心が折れそうな状況である。





今現在の進行状況。とりあえず金具部分のサイズまで削り込んだが、全体のバランスが悪すぎるのでまだしばらくは削り進めないといけない…。革を張るかウレタン塗装にするか迷っている最中だが、革が張れるまで削り込むと本体の強度が低くなるのが迷いどころである。





この記事へのコメント
(;´Д`)ハハアハアハア・
Posted by F・タナカ at 2014年02月17日 23:12
まあ手を動かさないとどうもなりませんからねえ。コサックショップの知り合いにサーベル卸元から金具をバラで買えないか聞いていますので。もうちょっと簡単な奴なら安く買えると思います(何しろサーベル丸々買っても300$ですからw)
Posted by YakovYakov at 2014年02月18日 01:05
とりえずは、オリジナルの鞘を改造したもの譲って頂ければ。

夏前に帰りたいんですよ、3週間ぐらい、もういいかげん疲れてて。他の同僚との兼ね合いで5末になるか6月になるか。7月、8月は地獄に様に忙しいし、9月もそうか。6月のイベントは徴税
官かコサック少将か。
Posted by F・タナカ at 2014年02月18日 01:23
リフレッシュ大事ですもんねえ。日にちが決まったらぜひ。
6月頭―中ごろには日本にいると思いますが5月末はまだモスクワな気が。
Posted by YakovYakov at 2014年02月18日 11:30
ちなみに画像の奴は金具の幅が狭くて(デニックス鞘にハマらず)木をギリギリ刀身が入るまで無理繰り削ってるのです。オリジナル鞘にハマるサイズのをコサックショップで買ってくるつもりですが。
Posted by YakovYakov at 2014年02月18日 11:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。