QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2014年05月03日

続・時計ネタ(6)

 戦後早い時期の時計の話でも。



文字盤デザインにいくつもバリエーションがあるのだが、ズベズダの角型小型腕時計はやはり外せない。懐中時計よろしく裏蓋を引き抜くとムーブメントが抜き出せるところとか「メカメカしい」佇まいが好きな筆者にとって大好物である。



もう少し後のモデルらしくかなりあか抜けてきた感じのズベズダ。デザインが洗練された文字盤のおかげで時刻も読みやすく、ガラスも薄く透明度が上がっていてかなり使いやすくなっている。



同時期の外国製腕時計。裏にAeherの文字があり、ドイツかスイスのものかと思うが検索しても出てこない。基本デザインは非常に近く、この頃の流行をそのままソ連で生産したのであろう。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。