QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2014年07月26日

ファッション通信再び(8)

 昨日は錦糸町のロシア料理店Сказкаに行っていて更新を休んだ。明日も千葉なので多分以下略。



ボロ市で買ったソ連シャツ。多分7-80年代のものと思うが、こういうものこそいざ探すと見つからないものなのである。



肩章、ポケット、カフス…いずれも似ているものがありそうでない独自デザインなのだ。まあ70年代には日本にもBANというブランドがあって70年代ファッションの(今では絶滅した)デザインのシャツやジャケットを…以下略。
この記事へのコメント
ああ、民間シャツと靴は難しいんですよね。
先週ボロ市で、デッドストックのソ連の白Yシャツをみつけるも、41(首)‐3と小さくて断念。
作っても良いんですけど、ポリ100%のシャツ生地なんてないし。むしろ軍服は残ってますよねえ
Posted by F・タナカ at 2014年07月27日 00:11
難しいですよねえ。ちょっと変わった裁断で「やった!」と駆け寄ったらブルガリア製とか。東欧圏の方が「舶来高級品」という意識があるのかボロ市に持ってくる優先順位が高そうですよね。
「どうせこんなの(ソ連製)誰も買わないだろう」…てのが欲しいんだよこっちは!と心の中で叫んでます、いつも。
Posted by YakovYakov at 2014年07月27日 09:11
と、思いつつ息子連れてボロ市を回るとソ連製のシャツ、マイサイズのデッドストックが3着と夏用民間フラーシュカのデッドがまとめて。
まあそんなものですよね。
Posted by F・タナカ at 2014年07月27日 18:43
おおおめでとうございます!やっぱり足しげく通うのが一番であります。
Posted by YakovYakov at 2014年07月28日 17:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。