QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2014年12月10日

続・近隣国(81)

 今回は博物館の倉庫で見てきたキューバもののうち海軍を中心に。



1959年の管理印があるジャケット。筆者の米軍服に関する知識は無に等しいがそれでも米海軍の影響が見て取れる。この辺はまだバチスタ政権の規格で作られていたのだろう。



背部。画像はグレーに映っているが実際にはもう少し暗い色である。



しかしボタンはキューバ革命政府独自の規格に変わっていた。米海軍がそのまま流用できるか?…と思ったのは甘かったようだ。



シングルブレストだがまあピーコートと呼んでいいと思う。



そして製造はソ連の工場であった。

・・・残りはまた次回。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。