QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2014年12月12日

やっつけコスプレ準備

 明日、錦糸町のロシア料理店でのコスプレ忘年会というものに誘われた。あいにく筆者はコスプレというものをしたことはなく、各種イベントには普段着で参加している現状である。困った、非常に困った…というわかりにくいボケは置いておいて2013年1月8日に紹介したのと同じ2008年式儀仗将校服をもう一着改造してみた。



袖章を外してボタンを実物1940年型に取り換え、少将肩章をつけただけだが1945年ビクトリーパレード服に見えると思う。
勲章は実物とレプリカが半々だがなくすと困るのはいずれも同じ、針金でくくりつjけておこうと思う。
スヴォーロフとクトゥーゾフ2級勲章(レプリカ)もこんなことでもなければ活用ができないのだ。



制帽はユダシキン制帽の刺繍を流用して新しく注文した。スパンコールが少ないが、今度ロシアの複製刺繍を購入して別兵科も作ってみたい(泥沼)。ベルト(1944年型)は帝政ベルト実物のうち色味が赤に近い物を選んで代用である。





この記事へのコメント
現行の儀仗将校服の時点で自分からすればスゴいのですが、更にそれを改造してしまうとは……(笑)
しかし制帽といいジャケットといい2008年に更新された制服、本当にソ連時代に戻ったようなデザインですよね(ユダシュキン制帽のクラウンに付いている帽章なんて、自分にはソ連のものと見分けつきませんw)
Posted by Hans ReichardtHans Reichardt at 2014年12月13日 17:02
制帽は刺繍だけ使って新規に注文したんですが(試作工房で一般人用にも作ってるんです)制服は希少とボタン替えるだけでそのまんまですからね。ただ2012年にまたデザインが変わってしまったのでちょっと貴重になってしまったという。まあいつでも原型に戻せるということで(あまりその気はないですが)。
Posted by YakovYakov at 2014年12月14日 00:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。