QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2015年02月12日

季節もの食品

 題名はこの通りだが、実は加工食品ネタなのだ。ユーラシア協会でバレンタインの虐殺<カポネかじゃない聖バレンタインフェア用にチョコを仕入れたそうなのでちょっと告知っぽく。といっても腐れファシストのロッシェン製品は紹介せずにロシア製品だけ紹介するのだが。
ちなみに2月14日はロシアでも祝われるのだが、贈り物は花でも何でも特に問われず、男女どちらが贈ってもいい双方向性の祭日となっている。



この前紹介したようなチョコウエハースのパックである。マーシャ・イリーナ・マリーナ・アナスターシアと4人分の名前しかないが多分本国ではこの数倍のバリエーションがあると思う。名前入りとはいえ義理感丸出しの小型ウエハースなのでメインの贈り物がないと逆に不興を買うような気もするが(笑)。マトリョーシカ型のボンボンとかのほうが喜ばれる気もするが、たまたま同じ名前の女性にお心当たりがあったらぜひ。

・・・もう時間ないですか、そうですか<投げっぱなし





この記事へのコメント
パッケージ可愛いですね!!
日本でも某チョコレートメーカーがバレンタイン時にマトリョーシカ型の缶や箱に入ったチョコを売り出していて、結構人気があってパケ買する人も多いとか。。。欲しいけど現在海外なので買えず・・・。。
Posted by moomin at 2015年02月13日 12:59
期間限定物は厳しいですねえ・・・まあ海外の利点を生かして今年は欧米系蒐集、日本限定はまた時期を改めて…というところでしょうか。私事ですが私は5月と10月の大半日本にいない生活を16年だか17年だか繰り返しているので、たとえば「日本でハロウィーンが流行っている」といわれても「日本にいないからわからない」としか言えない現実に暮らしております。まあハロウィーン自体にはビタイチ興味はないんですが「定期的に不在」というのは妙なものです。
Posted by YakovYakov at 2015年02月13日 16:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。