QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2015年04月20日

謎レプリカ

 本日また馬齢を重ねてしまったわけだが、おそらくウクライナやエストニアでは大々的に誕生日が祝われている人物=ボヘミアの伍長勤務上等兵と同じというのは何たる偶然か。昔、欧米ではナチスに対する反省から鉤十字などを許さないというコンセンサスが…などと聞いていたのだがそんなものはすべて嘘ぱちだったと露呈した今日この頃、なんとも複雑な心境である(スキンヘッドに4月20日を祝ってほしくねえなあ)。
まあ気を取り直して罪のない映画小道具ネタで。





裏を見ればわかるとおりモスフィルム謹製ファイバー製帽章なのだが、いったい何をモデルにしたのか見当がつかない。いや、原型に69年式ソ連兵用帽章を使ったのはわかるのだがわざわざ槌鎌を取り払った上に盛り上がった絵字をつけるなど結構な手間をかけているのだ。
80年代によくソ連で作られた「架空の国の軍服」用なのかと思うがこれが使われた映画にいまだ巡り会っていないので非常に気になる。

…ウがつくネオファシスト国家ではつい最近国会で「ソ連のシンボルをすべて禁ずる」法案が通り、大金を費やして古い看板や施設を破壊するらしい。それを見越したようなデザインであることよなあ(単なる当てこすりである)。
この記事へのコメント
誕生日おめでとうございます☆
ちなみに、ロシア人もやはり誕生日にはケーキを用意するのでしょうか?
Posted by moomin at 2015年04月21日 12:03
ありがとうございます。無駄に歳食って恥ずかしいですが(苦笑)。
ロシアの誕生日とケーキですが、蝋燭を立ててどうこうは(最近はともかく)ソ連時代はメジャーでなかったと思いますが誕生日パーティーにケーキ(トルト)というのはまあ憑き物といってもいいとおもいます(パーティーにケーキがつきものというべきかも)。お祝いにはシャンパンでも花束でもチョコ詰め合わせでも好きなお土産を持っていけばいいわけですが、「主催」がケーキを必ず用意しなくてはならないこともないようで、誰かがもってきたケーキを「お持たせ」で食べることも多いです(主催の感覚による)。
最近では異常に凝ったケーキを持ってくる人も多いようで、ネット画像でよく「超リアリズムジオラマケーキ」みたいなものが上がっていますね。あ、ロシア人はあんまり変な色のクリームは好みません。青とか紫のクリーム食べるのは、やっぱりアメリカ人だけじゃないでしょうか(苦笑)。
Posted by YakovYakov at 2015年04月21日 18:28
付き物が「憑き物」に誤変換されたのはあんまりめでたくないですなあ、私の誕生日としては「あり」ですが。
Posted by YakovYakov at 2015年04月21日 18:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。