QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2015年08月19日

謎の熱帯帽。

 今日のネタはソ連ネタのようでそうでない謎ネタである。





この2枚の画像をご覧になれば間違いなく60年代頃のソ連パナマ、と思われるであろう。生地がサンドカラーというのがアレだが、筆者がよく紹介している60-70年代のソ連海軍熱帯沿岸警備服、あるいはソ連海軍派遣服とよく似た記事であるのは間違いない。



しかし汗留めは…黒い綿地のそれ(裏は不織布)はどう見ても日本製、でも通風孔はじめ何から何までソ連型なのだ…。
実は1990年代初め、日本のミリタリーショーで2個売っていた謎の日本製パナマなのである。取り外してしまったが日本の学生帽の顎紐を緑ビニールにしたような顎紐がついており…



こんなボタンがついていたのだ。(その下にはソ連型と同様に顎紐用の穴が見える)
・・・詳しい人によると日本の消防団が初期にこのタイプのボタンを使っていたらしいのだがまだ画像は発見できていない。しかし日本製なのは各部の材質から間違いないと思う。

…まあそれと承知のうえで60年代特殊パナマとして普段使っているのだが。このボタンについてお心当たりの方は是非情報をいただきたい(やり逃げ)。





この記事へのコメント
そういえば先日の夏コミ会場で変なパナマをかぶっている人を見かけましたな。ソ連型に間違いないのですが裁断というか、オーラというか雰囲気というか、「なにかがおかしいぞ」って感じる奇妙なシロモノでした。もしかしてどっかのアパレル業者がコピーして売ってるのかな?などと思ったり。
そういえば、若き勇者たちのロシアンカモフラージュ生地を使ったオシャレなリュックも見かけましたよ。
Posted by 津久田重吾 at 2015年08月20日 09:24
>何かおかしい:ロシアやウクライナでもレプリカパナマ作ってましてそれもちょっと変な雰囲気があります。でもそれ以上に変なものもありそうですねえ。意外にアパレルメーカーパクるしなあ…
Posted by YakovYakov at 2015年08月20日 10:52
日本製コピーではないでしょうか?今みたいにサープラス品が流通する以前、主に70年代に中田商店やモデルガンメーカー(コクサイやマルシン)が怪しげな(*^^*)商品をだしていましたその一つでは。
Posted by エンドノフ at 2015年08月20日 22:48
誰が作ったのかわかれば面白いんですが…入手した時代が無茶苦茶古いので「ローデシアからサンプル入手」とかそんな気もしてきました。
Posted by YakovYakov at 2015年08月21日 17:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。