QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2015年09月17日

20年代制服。

 昔に手放したものが友人の資金難により手元に返ってきた…という(私的には)嬉しい服について。



1924年型ОГПУ制服。1998年に買ったもので(この頃は精巧な複製が出回る前だった)オリジナルかミュージアムレプリカかどちらとも判断し辛い。治安機関プルオーバーの前立てが隠しボタンから露出式になったのは1930年過ぎなので裁断的には申し分ない。



この頃の襟章は幅広い。中休止期間以上は襟に直接七宝ピプをつけるのだ。



変わった色の記事だとお分かりだろうか。パステルカラーの糸を織り込んで「玉虫色」のような効果を出している。この辺は帝政軍服にも時々見られるのだが。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。