QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2016年07月31日

再録458・通信・電報局(3)




 なぜかチェブラーシュカ特集をすると閲覧が増える気がするが、このような場末ブログにたどり着いてしまった「堅気」の皆様にはご愁傷様、といわざるを得ない(ほとんど詐欺にあったような気分になられたのではなかろうか)。まあ堅気の皆様は犬に噛まれたと思ってあきらめていただき(意味不明)、また地味な公務員ネタに戻るのである。
 ロシア時代に改組されたスペツスヴャージの袖章。組織上ФСО(連邦警護局)に属し、独自に制定されたメダルの名称も軍・治安系の特徴を示している。
 同じく略帽章(襟章・肩章エンブレムも同型)。
 未使用の肩章でボタンからスペツスヴャージのものと思われるものの詳細な資料は不明。通信省の警備員には軍通信科のエンブレム、スペツスヴャージでは上のエンブレムがつく、(例があった)らしいが普遍性があるかどうかはわからない。
基本的にこの職務では黒~灰色の制服を着用するはずなのだが、筆者は軍と同型の緑ネクタイにスペツスヴャージのマークが刺繍されたものを所有している(まあ普段着に締めているのだが)。ひょっとすると連邦警護局と同じカーキ制服を着ることもあるのだろうか?



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。