QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
Yakov

2018年04月21日

ネタ切手。

 切手のネタは全然やっていなかったが収集はしていないもののそこそこたまってしまうジャンルゆえ、ときどきは紹介したいと思う。



ロシアの制服シリーズ。公務員制服のシリーズ切手で、5種類くらい買って来た。これは税関シリーズ。冷戦期の将官制服とか夢なのだがせめて常勤服くらい手には入らないものだろうか。いやまあ税関将軍の襟章だけで2-3万円かかるのがマニア業界ではあるのだが。  

Posted by Yakov at 21:23Comments(0)

2018年04月20日

猫と私。

 本日は某伍長勤務上等兵殿の誕生日・・・というお約束ネタをかましつつ、平常運転で馬齢を重ねてしまいました。
今回は来日した友人が持ってきてくれたものを・・・。






うちの飼い猫用に段ボールの室内用猫小屋を持ってきてくれたのだ。組み立て式で結構大きく、とりあえず入ってはいるのだが暖かくなったので猫のほうはもっぱらその横で寝転んでいる。  

Posted by Yakov at 21:26Comments(0)

2018年04月19日

海軍歩兵とベレー帽。

 今回は黒ベレー。



右の囚人工場製ベレーは兵下士官用(63年式はバイカ生地が多かったが後期は大体すべてウール生地になる)で91年製、後ろの調整紐で多少サイズを縮められる。兵用は赤い三角ペナントがミシンで直接縫われているが、中と左の将校タイプはペナントが裏当て付で貼り合わせたものを掬い縫いでベレー本体につけている。
ロットによってベレー前面の高さは結構違うのだが、前部分の裏地が厚くかなりぴんと反り返った形状である。  

Posted by Yakov at 19:15Comments(0)

2018年04月17日

交通ネタ(145)

 とりあえず最新地下鉄ネタはこれで一休み。また何か手に入れると思うが。



白シャツ。ポケットの裁断が前よりよくわかると思う。肩章はこれまたブルゾンと同じものがついてきた。  

Posted by Yakov at 19:21Comments(0)

2018年04月16日

空挺ベレー雑記。

 もらい物の空挺ベレーを紹介。



下にある方(左)は以前紹介したのと同じ89年製囚人工場製ベレーだが、鳩目穴にヘアピンが差してあるのが見える。何しろ浅く被るベレーなので婦人用の髪留めで髪に固定した例が割とあるようだ。坊主だとどうにもならないが。
右側の1971年ロット、ベレーの高さがかなり高めで全体に裏打ちが厚くなされているのでかなり固い。水で湿らせて頭になじませないと浮いてしまうくらいである。
  

Posted by Yakov at 20:14Comments(3)

2018年04月15日

交通ネタ(144)

 昨日は第三次世界大戦かと思ったがトマホークがあらかた「シリアの旧式S200システム」で撃墜されたそうでひとまずは猶予。英米仏氏ね。
気を取り直してまた地下鉄ネタを。



常勤用のブルーシャツ。ロシア94-97式空軍シャツと同じ?と思ったらやっぱりフラップが特殊な形をしているのである。まあ旧型(90年代)のロシア鉄道シャツとは割と似ている。とりあえずシャツ用肩章は制服と同じものがついているが、PXではいろいろな生地のバリエーションがあるのではないかと思う。  

Posted by Yakov at 20:02Comments(0)

2018年04月13日

変わり種菓子。

 ちょっと前まで、日本で買えるスニッカーズはロシア生産品であったが(現在はあらかた中国の工場製)、在露西側メーカーも結構ローカル食品を作っているのだ。
土産にもらったやつをちょっと。



ヒマワリの種いりスニッカーズである。これをもらった直後に麻布マーケットに行ったらヒマワリの種入りのドイツ黒パンが売っていたりして、ヒマワリ不足に悩む皆様もそれなりにヒマワリ補充はできるようになってきたのだ、実にうれしい(一部の意見です)。  

Posted by Yakov at 21:08Comments(0)

2018年04月12日

交通ネタ(143)

 今回も地下鉄で。



新型ブルゾン、ジッパー式なのだが一番上と下に銀ボタンが付く。1935年型ボタンとほぼ同じデザインなので一部リエナクターにはうれしい限りである。ポケットのジッパー式で赤色が派手だが使い勝手はまあまあである(これで一日歩いた)。



背面。大型の記章が目立つ。



両袖。モスクワ市の紋章と交通局のマークが見える。  

Posted by Yakov at 21:12Comments(0)

2018年04月11日

続・近隣国(111)

 今回はモザンビーク。



FAPLAマークの豪華刺繍だが…実はどこにつける記章か全くわからない。フランス式の礼装コントラパゴン(フランス語でどういうか知らん)・小型肩章のようにもみえるがちょっとでかい。服につける記章だとは思うが…。謎は謎として書き逃げである。  

Posted by Yakov at 20:37Comments(0)

2018年04月10日

交通ネタ(142)

 似たようなネタだがロシア鉄道。5月にモスクワに行く予定なのだが、知人のところで現行ロシア鉄道の服が大量にフルセットで転がっているそうで、ぜひ持ってってくれ、と誘いが来ているのだ。日本に愛好家なんぞせいぜい3人だと思うが。



地味なことこの上ないが、友人が官給ベストを持ってきてくれた。制服が変わってもう何年もたつのだが、制帽とネクタイ、袖章くらいしかそろわずコレクション進行は牛歩状態だったのだが、今度は一気に揃うかもしれない。10人分とか持ってこられたら非常に困るが。
  

Posted by Yakov at 20:39Comments(0)

2018年04月09日

交通ネタ(141)

 今回も地下鉄で。



金属帽章のついた略帽。デザインは1994年以降(ユダシキン型除く)の軍と似たような標準型。



制帽も軍と全く同型。写真では手持ちの海軍型につけたが、紺色の空軍制帽のほうが望ましいと思う。顎ひもは銀で帽章は布に刺繍したものが基本だがまあ手持ちで再現したので…。  

Posted by Yakov at 19:13Comments(0)

2018年04月08日

菓子ネタ・酒系

 本日は復活祭なのだが、ちょうどいい小物が見つからないので菓子ネタを。復活祭に酒はどうなのか、というところは見逃していただきたい。



何のひねりもないが、ウォッカ系チョコレートを来日した友人にもらった。無茶苦茶種類が多いのだが果実漬け込みとかいろいろあって面白い。手を付けだしたらあっという間にあっさり胃袋に収まってしまいそうだ。  
タグ :菓子土産

Posted by Yakov at 20:29Comments(0)

2018年04月07日

交通ネタ(140)

 最新のモスクワ地下鉄、土産に持ってきてもらったのだ。



ぼちぼち紹介するが、ネクタイだけは入手できなかったそうで、銀色の既成ネクタイに布地プリントで地下鉄マークを転写とのこと。
服はざっと一揃い入手できたのでまたおいおい紹介していきたい。  

Posted by Yakov at 20:11Comments(0)

2018年04月06日

マニア的萌えポイント

 本日朝ロシアの友人一家帰国、とりあえず自由になりました。



土産に持ってきてくれたシリーズもののフィギュア・現代ロシア版である。



男性版も女性版もあるので「鉄道むXめ」のようにユーザーを選ぶものでもなさそうである。一時期ディアゴスティーニでソ連二次戦兵士フィギュアとかシリーズ展開していたのでそんなラインなのだろうか。二次戦とか50年代とか30年代とか間違いなくコレクションを始めてしまいそうな気がするが、入手したら入手したで細部に突っ込みいれまくる気もする。

フィギュアのルックス?そんなとこ見ていない。
  

Posted by Yakov at 20:29Comments(0)

2018年04月01日

聖ゲオルギーの旗のもとに!

 対独戦勝記念日に市民の胸を飾る聖ゲオルギー勲章リボンは帝政ロシアを起源とした勝利のシンボルであり、「炎と煙」と俗にいうそのオレンジと黒の組み合わせは現代ロシアで様々な意匠に使われている。

・・・話は全く変わるのだがロシアにおける「カワイイ日本グッズ」ブームも今日ではもはやキワモノとは呼べない安定した地位を築いており、版権もの、怪しげなものを問わず街にあふれている。そんな中でゲオルギーリボンとのコラボレーショングッズを発見した!




トートバッグとかロシア語では呼ばないわけだが、日本語なら何でもかっこいいと思ったのだろうか、とーと―トーチカーる(.ru)が商品名となったゲオルギーバッグらしい。







もちろん定番の季節ネタである。更新日をご確認いただきたい。購入したのは赤羽である。




・・・赤羽にはロシア人街があるので存在するのも当然だが<嘘は一回だけにしとけ  

Posted by Yakov at 07:17Comments(0)

2018年03月26日

交通ネタ(139)

 明日またロシアから友人が来日、多忙につきまた更新は不規則になると思う。4月頭には解放されると思うが。



プルコヴォ航空の飛行士制服。制帽を入手して幾歳月、ようやく代用でないオリジナルを入手した。



ペテルブルクのプルコヴォ航空はかなり凝った制服を導入していて無茶苦茶めんどくさい。



ボタンにもПの文字が入っているのだ。
  

Posted by Yakov at 21:29Comments(0)

2018年03月25日

特別儀仗隊。

 特別儀仗隊(РПК)の服はどの時代であってもコンプリートするのが非常に難しい。その中でも難物、1955年式儀仗服のパーツが手に入った。最新の儀仗服のモチーフになったこの服は非常に優美なのだが数少ない現存品は地獄のように高価なので一生コンプリートできない予感が濃厚なのだが。



1955年型の兵用バックル礼装ベルト。これだけあってもどうしようもないが、服と帽子が完璧に揃ってもこれがないとどうしようもない、という要諦でもある。まあコレクターというのは因果なものだ。  

Posted by Yakov at 21:08Comments(0)

2018年03月24日

喫煙具追加(11)

 久しぶりにシガレットケースを。



セルロイド…かどうか不明だが、熱に弱そうな樹脂でできたシガレットケース。かなり小さめで細巻きのパピロスを数本収めれば一杯になるサイズだ。



戦前からよく見かけるものだが40年代いっぱいくらいはこういうものが生産されていたと思われる。



コトフスクの赤い戦士工場製。意匠はパピロス・バガティーリのように古代の戦士がモチーフである。
  

Posted by Yakov at 19:36Comments(0)

2018年03月23日

演習バッジ。

 今回は記章ネタで。ソ連の大演習参加バッジとしては海軍の遠洋航海章に吊り下げる演習名プレートが有名だが…。今回はあまりぱっとしないというかまるで目立たないものを。



1970年、グレチコ国防相の時代にベラルーシ軍管区で行われた大演習「Двина」の記念バッジ。ワルシャワ条約機構の国際演習とかと違い、非常に簡単で普通の市販バッジのような作りだがこれはこれで貴重なのである。服に付けるとすぐ失くしそうだが…。  

Posted by Yakov at 19:33Comments(0)

2018年03月22日

交通ネタ(138)

 またしても民間航空。大統領専用機を運航している「航空会社ロシア」のまたも別規格だ。



2010年6月12日更新分の服はほぼ黒でボタンもソ連型だったのだが…。そのあとの規格なのだろうか。袖の階級章は台座に縫い付けたものを服に縫い付けた感歎版。まあもとの所有者の趣味なのだろう。



ボタンが七宝(というかレジン加工)で紺色の地に鷲章が浮き出している。旧型制帽にこのボタンがついていたようなので結局3種類のボタンを確認した。地獄は続くよどこまでも。
  

Posted by Yakov at 20:51Comments(0)