QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2018年12月12日

ファッション通信再び(25)

 久々に婦人服である(制服は除く)。



ペテルブルクで軍倉庫出の物品を売っているバイヤーから買った80年代の綿製ワンピース。売店、食料品店の女性職員がよく着ていそうなデザインでかなりクラシックなデザインである。トルコ石色の配色もよく、バラホルカ飲食ブースのコスチュームとしてレンタルしようかと思っている。
エプロンが必須になりそうなので女学生エプロンでも使おうかと。



発色がいまいちだが先の画像のほうが実際に近い。ボタン留め式で同様にボタン留めの腰ベルトがつく。

  

Posted by Yakov at 19:15Comments(0)

2018年12月11日

最新野戦。

 今週末、12月15日には浅草橋でバラホルカが開催されるわけだが荷物のうち最後の一個がいまだ届かず、バッジ類はちょっと困った状況にある。まあ気を取り直して。



デジタルフローラ迷彩になって肘・ひざ当て(エルボーパッド、ニーパッドといわないといかんのかもしれないが)の支給品が出回るようになってきた。エリツィン時代にはPXやらサバゲ―ショップやらで民生品を買わなければいけなかったころとは隔世の感がある。
インストには6Б51の名称がついていた。



裏面。上下、左右の区別が明記してある。まあ肘と膝は間違えないと思う。
  

Posted by Yakov at 19:15Comments(0)

2018年12月10日

ユダシキン海軍(2)

 久しぶりに海軍キーテェリ。まあデザインセンスとしては結構伝統破壊系ではあるが。



立襟キーテェリというのは海軍においてはむしろ作業・常勤服寄りであるのだが、まあ格好いいのは間違いないので(?)何を思ったか白のパレードキーテェリというのを採用してしまったのである、21世紀に。



ダブルの黒パレード服を無理くりシングルにしたようなデザイン。ミシン刺繍になったのでだいぶしみったれた感じになってしまった。もちろん遠目には美しい服なので軍楽などの衣装としても人気である。



ズボンも白のストレート、ベルトも白、なのだがこの例では軍衛生隊のバックルが…なんじゃこれは、と思うのだが服自体に何の記章もついていないのでたまたまそれ用の服が回ってきたというだけのことだと思う。  

Posted by Yakov at 20:07Comments(0)

2018年12月09日

ファッション通信再び(24)

 本日来客に付き以下略。今日は小物で。





劇場小道具のスタジオから手に入れたハンチング。上部の取っ手のようなタブがよくわからないが、ここに手袋とか挟んでおくと便利かもしれない。まあ何の裏付けもないわけだが。ベージュの色とか気にいって買ったのだが、生地や裏地、クラウンの形などからは50-60年代くらいの感じがする。  

Posted by Yakov at 21:33Comments(0)

2018年12月08日

情操玩具(80)

 荷物が75%到着したが、肝心なものが来ないのでしばらく地道に整理している。
今回はまたも木製玩具。



アイテム的には戦後米軍とこのブログ的にはどうしようもないものだが、あまりのくだらなさに心を動かされて買ってしまった。
シラカバで作られた米軍銃剣である。これはさすがに銃刀法には触れないと思うが持ち歩くと勝手に折れそうなので別の意味で危険といえよう。
  

Posted by Yakov at 18:46Comments(0)

2018年12月07日

憲兵系(12)

 今回は記章ネタ。指揮官章である。



2017年6月29日更新分で紹介した指揮官章の憲兵用。結局シールドの形(+柏葉等の有無、増減)で部隊規模が制定しているらしく、この例だと師団級の指揮官らしい。憲兵の編成規模にそんなものはありそうもないのだが、将官の兵科最上級クラスかもしれない(あいまいで失礼)。
ともかく軍学校長、師団長級、連隊長級などなどと種類があることは分かった。この布刺繍バージョンもあるのだが撮影がうまくいっていないのでまた後日改めて。  

Posted by Yakov at 19:35Comments(0)

2018年12月06日

続・近隣国(122)

 またキワモノ、ネズミ取りである。



チェコスロバキアのネズミ取り。プレス製で…。



片面を起こすと準備完了。



裏面。なんというかシンプルなくせに強力な打撃をくらわせるので正直あまりいじりたくはない。チェコアニメ「クルテク」の主人公の友人がネズミだったっけなあ確か。  

Posted by Yakov at 19:03Comments(0)

2018年12月05日

情操玩具(79)

 またこれか、と言われそうだが買って来たものは仕方がない。



下が今回持ってきたものだが、以前紹介した上のものと同様、堅いピンポン玉状の弾を発射するピストルである。



後ろのレバーを引いてコッキングである。価格が書いてあるのでわかると思うがソ連時代のものだ。  

Posted by Yakov at 19:37Comments(0)

2018年12月04日

医療・衛生(65)

 今回はさらっと大戦系で。



ペテルブルクの軍倉庫から出た赤十字プラトーク。帽子型のものは戦後もずっと使われているが、この手の女性用赤十字入りは戦後は使用が大幅に減ったのでせいぜい40年代終わりまでのロットと思われる(年号の類は記載一切なし)。
なんだかんだで集めてしまうのだこの手のジャンル。  

Posted by Yakov at 20:25Comments(0)

2018年12月03日

続・近隣国(121)

 昨日、一昨日のユーラシアバザーご来場の皆様ありがとうございました。今回の荷物はモスクワを出たので12月15日のバラホルカには間に合うかと。よろしければそちらの方にもお越しくださいませ。







アフガン政府軍…の服のようなソ連顧問団制服。某所に保管されていたのでちゃんと説明タグがついていたのである。
購入時にすでに虫に食われており、輸送中に被害が進行しないかいささか不安である。税関に殺菌殺虫設備とかないのだろうか<他力本願  

Posted by Yakov at 20:40Comments(0)

2018年11月30日

告知。

 明日から経堂のイベントに二日間常駐であります。

http://russiaspasibo.com/2018/11/16/post-352/?fbclid=IwAR0LJ9S89Boz0Kc1iR2t8-PtsUfIm7fj7N4oVrDPDZHrfcYbag9k2rCcYfs



画像はロシア航空ショー「マックス」の記念スカーフ。とりあえず雑多な特殊雑貨を並べております。  

Posted by Yakov at 19:34Comments(0)

2018年11月29日

宇宙ネタ肖像編(6)

 明日は経堂のイベント搬入日なのだが例によって準備は全然である。まあ何とかなるであろう。
連続でガガーリンネタを。





前回も買ったのだが紹介し忘れた卓上ガガーリン。裏のスタンドで机に立てられるのである。どうしたもこうしたもなくそういうものなのでよろしく。
  

Posted by Yakov at 18:50Comments(0)

2018年11月28日

宇宙ネタ肖像編(5)

 またこのネタで。





今回は卓上メダルを。バッジに比べて日本ではコレクターが少ないのだが、ヨーロッパでは割とメジャーなのである。
これらはガガーリンのもので飛行25周年とか生誕50周年とかであるが、保管というか展示場所にちょっと困るものではある。両面あるのでどちらを表にして飾るのか、も含めて。  

Posted by Yakov at 19:46Comments(0)

2018年11月27日

キワモノ菓子ネタ。

 久しぶりに菓子ネタを。ペテルブルクのフィンランド資本のスーパーマーケットにいって見つけたものを。これ自体はロシア製だが。



ピンボケになったが大したものではない。プーチンが涙を流してる絵柄のチョコレートで、ペテルブルクローカルの製品らしい。変わったものばかり売っている店なのでプラプラしていたら発見した。まあ悪趣味なうえに悪意があるのかないのかさえあいまいなものだがとりあえず買ってみた。
対して大きくないのにたいそうな値段しくさって、まんまとしてやられたような気がしなくもない。  

Posted by Yakov at 20:56Comments(0)

2018年11月26日

再び陶器人形。

 土日は渋谷文化村のトレチャコフ美術館のあれとか出歩いていて更新放置で失礼。
12月1,2日は恒例ユーラシアバザーおよび東京ロシア語学院学園祭があるのでぼちぼち準備を始めないと<遅い



レニングラード陶器工場製のトラ人形。干支だったりしたらちょうどいいのだが、来年は豚だし(ロシアにもイノシシは生息しているがカレンダーはみんな豚である)。まあ猫系動物が好きな人なら気にいってもらえるかもしれない。



こっちはガラス細工。同じ婆ちゃんから買ったのだが同じトラでもベクトルが全然違うのが面白い。  

Posted by Yakov at 19:28Comments(0)

2018年11月23日

情操玩具(78)

 明日は代々木公園ケヤキ並木あたりをぷらっと散歩しようかと思っている。威力業務妨害といわれないように気を付けたいと思う。
今回は春に買って来て紹介し忘れてたものを。





拳銃タイプの物ばかり買ってきて恐縮だが。パッと見ナガン拳銃のようなシルエットだが、中折れなのでそういうわけでもなさそうである。
かといってウェブリーにもS&W1870ロシアンにも見えず。ハンマーを無視すれば日本の26年式にも見えるような適当な造型である。
紙巻き火薬による発火だと思うのだが、シリンダーの後ろに挟み込んで撃つので連射はうまくいかない気がする。自動的にシリンダーが回るのかどうかは中古品なのでよくわからないが一度シリンダーを前に押さないと回転しないとかいじくりまわすだけでもコツがいる製品であった。
  

Posted by Yakov at 19:59Comments(0)

2018年11月22日

宇宙ネタ肖像編(4)

 来客でこの時間の更新。
今度は飾り皿である。



プラスチックの飾り皿にガガーリンの肖像である。以前第二次大戦ソ連兵の肖像入りのものを入手したがあまり有名人ではなかった。意外と少数ロットで作られていたのだろうか?裏に糸輪がついている壁掛けタイプである。  

Posted by Yakov at 22:39Comments(0)

2018年11月21日

携行火器アクセサリー(4)

 今回はAPS:ステチキン(シュチェッキンというのはドイツ語読みなので却下)拳銃のものを。



海軍歩兵用マガジンポーチ。陸軍用は以前紹介したが、黒革ソ連ロットも存在するのだ。ロシア警察の黒革装備にも使えなくはないが警察の一般装備ではないので警察での使用例はほとんどないと思う。



チェッカーの代わりに縦線のみが入ったバリエーション。比較的初期のものではあるが、最初期はチェッカー溝で後部が丸くなっているタイプであったらしい。
  

Posted by Yakov at 19:30Comments(0)

2018年11月20日

宇宙飛行士。

 さすがに宇宙服を買う気はないのだが、宇宙飛行士訓練施設にほど近い某施設にて入手。



ソ連空軍の飛行士ジャンパー熱地用と似たような感じだが…細部は少し違うロシア宇宙飛行訓練施設の飛行ジャンパーである。ズボンはおよそソ連型なので画像省略したが(まだ輸送中で手元に届いてないし)上着の袖口とか微妙な差異は見て取れる。



アップ。袖のポケットもよくわかる。訓練施設のつなぎ服もあるのでまた近日中に。  

Posted by Yakov at 19:45Comments(0)

2018年11月19日

情操玩具(77)

 またもピストルを。状態は良好だが・・・。





最初はマルゴーリンをモデルアップしたものと思ったが、それにも短縮型の「マルゴ」にも似ていない。むしろフランスのMABとかマニューリンとかに近い気がする。
引き金の作動も軽くよく動くのだが紙火薬を入れる場所もなく何用かよくわからない。、引き金を引くだけの音響タイプなのだろうか。

  

Posted by Yakov at 19:57Comments(0)