QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年11月14日

雑記・変なニッポン。

 写真の整理がまるで進んでいないので手近な雑記でも。
たまたま筆者の友人の同級生に世界的ピアニスト・N.A.Petrovの娘がいて、その親子が来日した際に一週間くらい東京案内をしたことがある。
その縁で訪露のたびに毎回一度くらいは自宅(基本的には娘が住んでいる)に遊びに行くことがあるのだが、もちろん筆者の日頃の交友関係(筆者本人含む)とは比べ物にならない豪華なお住まいである。



最近向こうで流行しているエジプト種の飼い猫と遊ぶ某CIS加盟国の人。
それはともかく娘が日本文化と中国茶のファンなので日本にも中国にも時々旅行していて、豪華な中国茶セットが応接間に並んでいるのだ。



その豪華な中国茶器のセットに混ざってなにやら違和感溢れるものが・・・。
実はこれ、「寿司がモチーフ」の紙ナプキンなのだ。
まあ「焼きのり」とか日本語が入っているからデザイン的にいい、と思ったのかもしれないが、横に「韓国特選」と書いてあるのはどうしたものか・・・。詰めが甘いぞロシア人(笑)。

日本語を解さない人間が作るとこうなる・・・という当たり前の話だが、そもそも「寿司がモチーフ」がかっこいいという出発点からしてよく判らない。ま、適当な英文の入ったT-シャツや紙袋とか今でもよく見かけるわけだし、そういえばバブル期80年代には「ロシア語のアルファベットを順番に並べただけ」のゴルチェ新作が物凄い値段で売買されていたなあ・・・と郷愁に駆られるじじい筆者なのであった。  

Posted by Yakov at 19:04Comments(2)