QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年11月15日

食い倒れ・サーロ

 写真の整理がつかない、というかネタごとのまとまりが全然つかないのでまた単発の食事ネタ。
ウクライナ名物のサーロ(ウクライナではアクセントのないOも基本、発音そのままなのでこの表記)はこの業界的には有名なのだがいざ食べる、となるとかなり好き嫌いが分かれると思う。ベーコンのようなもの、と言ってしまえばそれまでだが猛烈に濃い塩味とほぼ脂肪分だけ(皮はあるけど)のサーロを生でそのまま食べる・・・というのはロシア人でも嫌がる奴がいるくらいだ。

今回、キエフ解放記念のリエナクメント(11月7日)にモスクワの軍服仲間の大半が出かけたのだが筆者はロシアのダブルエントリービザを取ってなかったので参加は見送った(ウクライナはビザ免除でも、シングルビザだとモスクワに帰って来れない)。
ボロディノのイベントが銃器&爆薬規制でつまらなくなってきたこのごろ、戦車や爆薬てんこ盛りのキエフイベントの方がいまや人気なのである。「腐れオレンジ」どもも影を潜めたことだし、来年には(ダブルエントリービザを取って)キエフにも行ってみようかと思っている。

で、滞在先の家主もキエフ遠征組みなのだが帰りに生まれ故郷のオデッサに寄って、4日後に大量のソーセージやサーロを担いで帰ってきたのだ。



これくらいは担いでくるのが普通だ、というのだが椅子からはみ出す大きさである(マッチ箱と比較のこと)。半分くらい日本に持っていけ!といわれたが重量プラス検疫の問題もあって、そんな担いでいけるわけもなし。本人はこれをみんなに食わせてやれ、とうるさかったのだが、いや、嫌がらせか?と思うやつのほうが多いのだよ・・・。旨いには旨いのだが一遍に油を大量摂取すると下痢するしねえ・・・。
黒パンに玉葱と一緒に載せると確かに旨いのだが、やはり万人にはお勧めしがたいものなのである。

・・・豚の血たっぷりのソーセージとか何種類もあったのだが食うのに夢中で写真を忘れた。申し訳ない。  

Posted by Yakov at 17:42Comments(7)