QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2019年05月07日

業務連絡

 昨日はロシア大使館で「不滅の連隊」に参加、明日はモスクワに出発である。そういうわけで
5月8-6月7日まで更新を停止いたします。明後日は特に問題がなければモスクワで「不滅の連隊」に参加の予定。





この服そのものではないが(戦時型カーキ)の鉄道服を友人が準備してくれているはずである。一昨年は通りすがりの軍人に「КВЖД?」(東清鉄道)と聞かれた。



設定上は信号管制要員である。

それでは皆様お元気で!  

Posted by Yakov at 20:55Comments(0)

2019年05月05日

移行期シャツ。

 92-93のロシア移行期の服については以前触れたが、ソ連時代に作られた試作品が94年式の原型になっていることは結構多い。



エポレット式の軍用シャツというと66年式兵用シャツのようだが、80年代終わりにのちの94式っぽいシャツがすでに作られていた。



80年代後半にようやく兵用も取り外し式肩章になったのでこれの製造時は兵用として作られたのなのかもしれない。どちらにしてもポケットの形状はロシア式に近いプリーツ付きになっている。肩章にロシア移行期に使われた「とくべrつ栄誉部隊風の兵科章が付いているのも面白い。
まあいずれにせよ採用されなかった服と思われる。  

Posted by Yakov at 22:54Comments(0)

2019年05月04日

交通ネタ(175)

 そろそろ対独戦勝記念日。大使館での「不滅の連隊」イベントも近い。今回はさらっと。



連隊旗の上に鉄道員曹長クラス1943年式夏服を。制帽のクラウンにも赤星が付くが、ぶちぶち穴を開けたくないので1955年風に下の帽章だけつけてある。



肩章には通信手のエンブレムを付けた。  

Posted by Yakov at 20:40Comments(0)

2019年05月03日

無用の長物。

 お前の持ってるものの99%がそうだ、と言われればその通りなのだが。玩具の一つも出ればいいのに未来永劫本体が出そうもないものを。



https://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%A0%D0%93-14
個人的には魅力にあふれていると思うのだがブリキ薄板製で模型の出しようもない1914年型帝政ロシア手榴弾…の破片増強パーツである。
本体のガレージキットでも出れば即買うのだが。
余韻もなくここで終わる。ああガワが欲しい。<火薬は別にいらん  

Posted by Yakov at 23:01Comments(0)

2019年05月02日

海軍オフィス服。

 海軍オフィス服といっても黒いだけではないか。そう思われると思うがわざわざ紹介する以上、特殊な服なのである。



海軍中将。襟に将官用の専用刺繍が付く。



通常制服用を合わせる場合もあるが、オフィス用制帽も存在する。基本色違いなだけだが。下に見える別パーツの特性金コイル刺繍を襟に縫い付ける場合も当然ある。見栄っ張り将官向けをペテルブルクで購入。  

Posted by Yakov at 22:08Comments(0)

2019年05月01日

現用ヘルメット備品

 本日はメーデーだがそれらしいネタもないので粛々と。





ピンボケで申し訳ないが、現行のロシアケブラーヘル用の直付けライトが手に入ったのだ。砂漠色のものなのでヘルメット本体と色調が合わない場合はカバーをつけないといけないだろうが。電源が単3電池なのはいろいろ便利である。  

Posted by Yakov at 21:33Comments(0)