QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年06月20日

大統領警護隊再び(3)

 今回は制服ネタで。連邦保安局(今は国境警備局も含まれる)と連邦警護局は基本的に共通した装備が多いので一緒に紹介してもいいのだが、今回特殊な出物があったのでとりあえず今回はこの表題で。



大統領警護連隊の新型パレード服だが、(帝政期に似せた)国家的式典用制服とはまた別ステージに位置づけられている(<例えば?とか訊かないように)。
連邦保安局/警護局の服は裁断がソ連時代に極めて近くなかなか格好のよいものだが、記章類はちょっと前のオリーブグリーン制服に準じている。ただ警護局の襟エンブレムは「双頭の鷲」を取り払った新型(この例では金糸刺繍)なのに袖のワッペンは双頭の鷲つき旧型というのがよくわからない。
ズボンはふくらみの少ない乗馬型だが無茶苦茶細いサイズで「警護連隊」の高身長細身マッチョ体型が如実にわかる。
・・・NKVD~KGBの乗馬ズボンで誤魔化したくなってきた(笑)。



制帽。つばにオーナメントがつき、帽章も帝政将校型によく似たコサック用になっている。新型制服は基本的に帽子のクラウンも小さくなるはずなのだが(クラウンの鷲章を廃止するため)この例では結構大きくなっている。



ボロ市で見つけた改定前の大統領警護連隊礼装帽。制服がオリーブグリーンで記章を変えただけの軍特別儀杖連隊と違い、ソ連時代によく似たクラウン部帽章が素晴らしい(ロシアになってからはふた回り小さいものがデフォルト)。中心部には赤い星の入った盾(金属製)が入るはずだ。・・・入手が難しければソ連時代の帽章を細工(周りを切り落とす)すれば済む話だがなかなか踏ん切りがつかなくて・・・もしもう1個帽章が手に入ったらやるかも知れない。
・・・クラウン帽章縁取りがミシン刺繍なのはちょっと悲しい。
この記事へのコメント
>だが無茶苦茶細いサイズで「警護連隊」の高身長細身マッチョ体型

これは欲しいと思いましたが・・
体型的に無理ですね・・・
Posted by 西部方面奇行師団長  at 2010年06月21日 15:26
上半身は結構がっちりしているんですが・・・。
まあこういう花形兵科には格好いい若者を優先的にまわすのでしょうからねえ。
将校用とかならかなり体系的に幅がありそうですが(<洒落じゃなくて)。
服の色が黒に近い紺色なので手持ちのレプリカNKVD乗馬ズボンを使用したい誘惑が・・・。でもこの乗馬ズボンは膨らみが小さいタイプだしなああああああああ(<苦悶中)。
Posted by YakovYakov at 2010年06月21日 16:53
確かにこれはひょっとしてサイズ会うかもですね。
Posted by ゲオルク at 2016年07月19日 23:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。