QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2010年11月17日

続・近隣国(19)キューバ

 今回、軍の倉庫をかき回してきた友人(映画コンサルタント)がお前、こういうの好きだったよな、とキューバ駐留軍向け(?)の装備を見せてくれた。一つはアフガンカと完全同裁断の服だが生地が超下品&鮮やかなビリジアン色のもので、筆者が昔ВДНХのvoentorgにて(二束三文で)購入した物と同じだった。筆者的には正体がわかってそれだけで満足だったのだが、もう一着ある、と見せてくれたのはまったくの別裁断だった。





生地もファルニトゥール(ボタンとか)も明らかにソ連製だが、裁断は完全にフィデルが着ているような純正キューバ裁断である。ポケットフラップや袖口などどう見てもソ連式縫製作法からはみ出しているし。
ソ連の海外援助服同様この服には一切の製造スタンプがないのだが(アフガン型にはソ連式スタンプがあった)サイズ表記は"13 1/2 XR X33"と明らかに米大陸(ていうかインチ表示)式になっていた。
ソ連製キューバ軍記章は大量に見かけるが、ソ連製キューバ軍被服も結構存在するのだろう。
襟章が縫い付けられていた跡があるが・・・手持ちの将軍肩章と襟章でキューバ軍将官仕様にでもしてみると面白そうだ。





帰国前日に別の場所で入手した非ソ連製ズボン。外国製・・・といってもキューバかニカラグアくらいしか該当国がないような気がする(笑)。で、ボタンはこれまたソ連製によく似ているのだ。
色合いは純正米軍のようなそれこそよくあるものなのだが・・・強引に上着に合せて着るつもりである。天恵のようにサイズが筆者ぴったりなのであった。




この記事へのコメント
マイナー国といえば参(ry
全体的にソ連くさいですが色の感じとかのせいかかなり米軍チックにも見えますね。
所謂「傀儡服」も80年代はよく着てますが、色合い的にはこれはもうちょい最近のかなって感じですね。
>将官
帽子はどうなんでしょう?所謂カストロキャップで良いんでしょうか。
現用だとなんか階級星刺繍されたベースボールキャップ風のようです。
Posted by きむちずむ at 2010年11月17日 23:12
>最近:
アフガン色違いと同時期のものだとするとソ連後期の製品ぽいです(まあ駐留軍自体ソ連時代のことだし)。
そんなわけで
>帽子:は新型でなくカストロ帽でやろうと思ってます。まあラウルへの道は遠いですが(肩章の星も足らない)。
Posted by YakovYakov at 2010年11月18日 00:56
お久しぶりです。
ロシア旅お疲れ様でした。
メール送らせて頂きました。
お返事お待ちしております。
Posted by NAO at 2010年11月18日 16:08
キューバ軍ですねえ、と飛んできました。あの原色ビジリアン系のカラーは良くあるやつですね。おそらくキューバ国産品と思われます。
キューバ軍ではカストロ型の米軍ユーティリティーキャップの他、ホットウェザーキャップ型のものも近年使用されてます。
Posted by ライスキー at 2010年11月22日 21:20
どうもどうも、本日は某屋外イベントお疲れ様でした。
この辺は面白いですよねえ。モスクワではよくありそうでなかなかでてこないのがキューバ被服系で、これからも苦労しそうですが何とか集めていきたいですねえ。
Posted by YakovYakov at 2010年11月24日 00:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。