QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年07月19日

雑記・ウクライナ食品(3)

 別に食品の広告ブログではないのだが、表題に「食い倒れ」と謳っていることでもあり(笑)とりあえず今回手に入ったものを紹介しつくしておこう。とりあえず今回でひと段落である。

雑記・ウクライナ食品(3)

白樺の樹液。ポーランド産のものが日本にも時々入るのだが、これはモスクワで飲んだものに似てよりさっぱりと飲みやすかった。直接樹液を集めるならいざ知らず、製品として完全に無加工のものは作れないようだがこの程度の加糖なら十分に自然食といえそうだ。

雑記・ウクライナ食品(3)

7月14日にも紹介したアジカソースのバリエーション「カフカス風」。名称としてグルジア風とカフカス風をどう区別してよいのか非常に紛らわしいのだが、この方が濃厚で辛味が利いたいわゆるアジカに近い。
ソ連時代に日本でも入手可能だったアジカの瓶詰めが消えて15年以上。ようやく気安く消費できるようになって実にうれしい。

雑記・ウクライナ食品(3)

ビクトリーさんがロシア製品を入れているが、これはウクライナ産のチョコレート詰め合わせ。もともとソ連時代の銘柄を引き継いで生産しているのでロシア、ウクライナさらにはベラルーシで同じ銘柄の菓子が流通している複雑な状況がある。ロシアのスーパーでもベラルーシ製品はかなり安かったりするのだ。
まあひょっとすると同じ国内でもまったくの同名別ブランドが存在するのかもしれないが。




この記事へのコメント
白樺のソークは美味いですよね。
食わず嫌いで帰国間際にお土産買うので珍しくバザールの食料品コーナーに行くとありました。
Posted by F・タナカ at 2011年07月19日 20:10
>白樺:初めて飲んだのはボロディノのキャンプで知り合いが瓶に詰めてきた「生」の奴で、まずくはないけどとらえどころのない味、だったんです。その後ほんの少し甘みを加えた市販品を飲んだら一発で気に入りました。
・・・名前だけ聞くと美味いというイメージはありませんものね。百聞は一飲に如かずですねえ。
Posted by YakovYakov at 2011年07月19日 21:14
カカオの木は、菜の花や向日葵と同様の目的で盛んに植えられたため、今でもウクライナ人は自国産のチョコレートを食べないと聞いたことがあるのですが、ロシアでの評判はどうなんでしょう。
Posted by 名無し三等兵 at 2011年07月19日 22:02
ロシアではベラルーシ産、ウクライナ産の食品は安価なため(放射能ではなく為替レートのためでしょう)人気があり、冗談以外で「忌避」の傾向はあまり見られません。25年経ってしまうと産地ロンダリング技術も進化してほんとのところどこの地域の産かわからなくなってしまいますからいわば諦めの境地もあるかも・・・。

現代日本でも進行中のことでもありますけどね・・・。
Posted by YakovYakov at 2011年07月20日 09:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。