QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2008年11月15日

デンビルの逆襲(1)

 旧ブログでいい加減飽きてくるほど続いてしまったデンビルネタだが、今年の春購入したが未到着のものや今回購入したもの・・・にネタは山ほど眠っているのである。荷物到着後だとまた怒涛の連続更新になって退屈なので(笑)未着だが写真だけ撮ったものの一部を今のうちに紹介しておく。

デンビルの逆襲(1)

デンビルの逆襲(1)

いきなり頭がおかしい代物を持ってくるのもどうかと思うが、デンビルは大なり小なりそうなのだから仕方がない。とはいえ(内務省や国境警備隊なら山ほど紹介したが)、KGB警護部隊にもこんなイカレポンチがいたというのは感動ものである。
内務省肩章のВВを切り抜いてГБに改造するとか涙ぐましい小技が見て取れる。それにしても空軍准尉および任期延長下士官肩章とか袖章のゲオルギーリボン(幅からいって海軍親衛艦隊のペンネントだろう)とか、素材からしてものすごい苦労をしているようだ。(ソ連時代には)PXでもめったやたらに所属兵科以外の記章は買えなかったはずなので、他兵科の兵隊を殴り倒して盗ってきたのかと思うくらいである(<嘘)。編みこみアクセルバントも特別どでかい代物で凝り性というか馬鹿というか・・・(多分両方)。
ちなみに服本体も妙に加工されていて身頃が異常に短縮されている(だからポケット容量は異常に少ない)。実用性を大幅に犠牲にするのがデンビル魂といえよう(適当)。

デンビルの逆襲(1)

これのあとだと妙に霞んでしまうが、裏地に看板かリノリウムの床材を引っぺがしてぶち込んだような肩章。アイロンをかけて妙に手堅く馴染ませているのが笑える。



タグ :復員服記章

この記事へのコメント
すごいカスタムですね・・

>KGB
規律の厳しそうなイメージがあるので・・
Posted by 東方義勇軍 at 2008年11月15日 20:34
いやはや凄まじいですよねえ。
まあ退役服とはいえ(現役時に着たら確実に殴られる)改造は宿舎で地味にやるわけで、上官に見つかったらたいてい没収の憂き目に会うようです。
KGBだけに上官の目を盗む努力も馬鹿にならないと思いますが(笑)この人、退役後はなにか凄い専門職(笑)についているかもしれませんね。
Posted by YakovYakov at 2008年11月15日 22:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。