QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2008年11月25日

筆記用具(1)

 これまた旧ブログで散々やったガジェットの王様、筆記用具ネタである。やりだすとキリがないのだが、まあ好きなものは好きなんだからしょうがない(<BLネタ禁止)。

筆記用具(1)

筆記用具(1)

日本でもそうだが、特大鉛筆というのは観光地土産ではメジャーな部類に入る。最近では特大マトリョーシカ色鉛筆とか利便性を完全無視したイヤゲ物(そういえば通称「飛び出すチXポペン」というのもあった)全盛なのだが、この「鉱山労働者」という銘柄の鉛筆はご覧の通り削岩機を象ったもので、サイズはともかく(大きさ比較に化学鉛筆を置いてみた)先折れ防止キャップつき、という優れものである。
・・・ま、削るのが非常に面倒くさいので実用する奴もいないとは思うが・・・。

筆記用具(1)

筆記用具(1)

40~50年代の鉛筆「ピオネール」(サッコ&バンゼッティー工場製)はすでに旧ブログで紹介したのだが、その缶ケースを今回発見した。GOST番号が入っていないので終戦直後くらいのものかもしれない。表面のピオネール特技章のデザインも戦前タイプであることだし・・・。
まあご覧の通り何の変哲もない缶ケースではあるが、裏に九九の表がついているのが面白い。ソ連・ロシアの文房具には各種公式が印刷してあるものが結構あり、木製の三角定規とか集めてみると結構面白いのだ(もはやミリタリーネタでもなんでもないが)。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。