QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年12月15日

水筒補遺(2)

 本日来客につき以下略。また熱帯水筒の話である。





今年の3月11日に民間用プラ水筒の小型版を紹介したが、また別のバリエーションが見つかった。左の軍用水筒をプラにしたようなものはともかく、右の容量1リットル強程度のものはアフガンでソ連軍が使用した(民間買い上げ品)とデザインがよく似ている。飛ぶ雁の群れが描いてあったりしていかにも「ハンター用」なのだがプラコップ(2重であるが)など1.7リットル水筒の代わりに使えそうだ。





ちょっと前に見つけた水筒カバー。1.7リットル水筒カバーによく似ているがかなり小さい。1.7リットル入りは容量が多いので「熱帯用水筒」と呼ばれているだけだとは思うのだが、やや小型の水筒もどうやら軍で使用された例があったようだ。プラだけに「アルコール用」ではないと思う。



ついでに1.7リットル水筒の迷彩カバーを。パターンからしてロシア時代前期のものだろう。大容量の水筒はそれなりに使い勝手がよかったようだ。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。