QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2018年12月10日

ユダシキン海軍(2)

 久しぶりに海軍キーテェリ。まあデザインセンスとしては結構伝統破壊系ではあるが。



立襟キーテェリというのは海軍においてはむしろ作業・常勤服寄りであるのだが、まあ格好いいのは間違いないので(?)何を思ったか白のパレードキーテェリというのを採用してしまったのである、21世紀に。



ダブルの黒パレード服を無理くりシングルにしたようなデザイン。ミシン刺繍になったのでだいぶしみったれた感じになってしまった。もちろん遠目には美しい服なので軍楽などの衣装としても人気である。



ズボンも白のストレート、ベルトも白、なのだがこの例では軍衛生隊のバックルが…なんじゃこれは、と思うのだが服自体に何の記章もついていないのでたまたまそれ用の服が回ってきたというだけのことだと思う。  

Posted by Yakov at 20:07Comments(0)

2018年12月09日

ファッション通信再び(24)

 本日来客に付き以下略。今日は小物で。





劇場小道具のスタジオから手に入れたハンチング。上部の取っ手のようなタブがよくわからないが、ここに手袋とか挟んでおくと便利かもしれない。まあ何の裏付けもないわけだが。ベージュの色とか気にいって買ったのだが、生地や裏地、クラウンの形などからは50-60年代くらいの感じがする。  

Posted by Yakov at 21:33Comments(0)

2018年12月08日

情操玩具(80)

 荷物が75%到着したが、肝心なものが来ないのでしばらく地道に整理している。
今回はまたも木製玩具。



アイテム的には戦後米軍とこのブログ的にはどうしようもないものだが、あまりのくだらなさに心を動かされて買ってしまった。
シラカバで作られた米軍銃剣である。これはさすがに銃刀法には触れないと思うが持ち歩くと勝手に折れそうなので別の意味で危険といえよう。
  

Posted by Yakov at 18:46Comments(0)

2018年12月07日

憲兵系(12)

 今回は記章ネタ。指揮官章である。



2017年6月29日更新分で紹介した指揮官章の憲兵用。結局シールドの形(+柏葉等の有無、増減)で部隊規模が制定しているらしく、この例だと師団級の指揮官らしい。憲兵の編成規模にそんなものはありそうもないのだが、将官の兵科最上級クラスかもしれない(あいまいで失礼)。
ともかく軍学校長、師団長級、連隊長級などなどと種類があることは分かった。この布刺繍バージョンもあるのだが撮影がうまくいっていないのでまた後日改めて。  

Posted by Yakov at 19:35Comments(0)

2018年12月06日

続・近隣国(122)

 またキワモノ、ネズミ取りである。



チェコスロバキアのネズミ取り。プレス製で…。



片面を起こすと準備完了。



裏面。なんというかシンプルなくせに強力な打撃をくらわせるので正直あまりいじりたくはない。チェコアニメ「クルテク」の主人公の友人がネズミだったっけなあ確か。  

Posted by Yakov at 19:03Comments(0)

2018年12月05日

情操玩具(79)

 またこれか、と言われそうだが買って来たものは仕方がない。



下が今回持ってきたものだが、以前紹介した上のものと同様、堅いピンポン玉状の弾を発射するピストルである。



後ろのレバーを引いてコッキングである。価格が書いてあるのでわかると思うがソ連時代のものだ。  

Posted by Yakov at 19:37Comments(0)

2018年12月04日

医療・衛生(65)

 今回はさらっと大戦系で。



ペテルブルクの軍倉庫から出た赤十字プラトーク。帽子型のものは戦後もずっと使われているが、この手の女性用赤十字入りは戦後は使用が大幅に減ったのでせいぜい40年代終わりまでのロットと思われる(年号の類は記載一切なし)。
なんだかんだで集めてしまうのだこの手のジャンル。  

Posted by Yakov at 20:25Comments(0)

2018年12月03日

続・近隣国(121)

 昨日、一昨日のユーラシアバザーご来場の皆様ありがとうございました。今回の荷物はモスクワを出たので12月15日のバラホルカには間に合うかと。よろしければそちらの方にもお越しくださいませ。







アフガン政府軍…の服のようなソ連顧問団制服。某所に保管されていたのでちゃんと説明タグがついていたのである。
購入時にすでに虫に食われており、輸送中に被害が進行しないかいささか不安である。税関に殺菌殺虫設備とかないのだろうか<他力本願  

Posted by Yakov at 20:40Comments(0)