QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2015年10月03日

検事局・再びパクロンスカヤ。

 連日来客で更新が途切れがちだがあと2週間でまたモスクワ行きなわけで、バタバタしているのはもうデフォルトとなりつつある。
今日はまた検事局制服を。



89年式ソ連検事局制服(94年?小改定ロシア規格)の服は何度か紹介したが、女性制服は初めてだと思う(旧ブログで54年式のみ紹介)。
クリミアの検事局長パクロンスカヤ女史用に大佐(参事官1級)で組んでみたのだが、服を買って荷物が届くまでの間に女史が少将相当官に昇進してしまう、というまさかの展開である。パクロンスカヤはゲオルギーリボン以外の装飾をつけない趣味らしく(ウクライナ政府の記章なんかまっぴらなのだと思う)服装再現にはとても便利である(いや、筆者が着るわけではないのだが)。



付属のスカート。モスクワのvoentorgで購入したのだが、ご本人のサイズに近い48-3を購入した(本人にサイズを聞いたわけではないが)。
同じ売り場に54-5サイズもあったがそのサイズで「パクロンスカヤ制服」と称したら詐欺そのものだと思う(この服がパクロンスカヤの服だ、といっても同じように詐欺だが)。

各種イベントにこの服を持って行って「パクロンスカヤ変身セット」と称して写真コーナーを作ったら一山当てられる気がしてきた。ま、儲かった時点でロシア大使館に売上みんな持ってかれる気もするが。

…あ、筆者はモスクワに行くときは必ずノヴォロシア救援基金にカンパを欠かさない愛国者です。どうかお目こぼしをお願いいたします<誰に向かって書いてるんだ




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。