QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
Yakov

2018年02月02日

夏用セーラー。

 ソ連海軍の白セーラー服は戦前、戦後と何着も持っているのだが白くて画像で細部が見えにくいこともあってあまり紹介してこなかった。
今回のもくしゃくしゃでよく見えないと思うが、次回は珍しいものを紹介するので見逃していただきたい。



50年代初めのセーラー服。カフスボタンはのちに金属が普通になるが、戦前は角ボタンや骨ボタン(頻繁に洗濯する都合もあるのだろう)が多く、これにはプラボタンがついていた。襟カラーは鮮やかな青のはずだが、洗濯で色がだいぶ落ちているのがわかる。



43年以降のパゴンチキ(小肩章)は書き文字塗料のタイプが冬用よりはるかに薄いステンシルなのが面白い。  

Posted by Yakov at 23:30Comments(0)