QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2014年07月24日

歴史再現小道2014(3)

 一応これで締めくくりである。日本の時代まつりみたいなものなのだがジャンル選定といい徹底っぷりといい「夕方のひと時」の企画としては異常なくらいの凝りっぷりである。



前々回紹介し忘れた軽車両コーナー。ガルニゾンA提供である。



科学の進歩を大衆のものに!静電気の公開実験である。



雪解け時代のジャーナリストたち。この頃は現代と違って「アメリカの手先」になるような奴らはいないのだ。



ピョートル大帝時代の軍服を着て検問所の再現である。いや、横を自由に通れるんだけどな。



この手のイベントにつきものの楽隊演奏である。ここでも例によって楽隊の軍装は「ヌルい」。<見逃してやれよ



60年代終わりから70年代、核戦争に対応するための民間防衛体講習である。ポスター掲示以外にもカラシニコフ早分解早組立とか見世物イベントも当然あるのだ。

筆者とて空砲銃持ってドンパチばっかりやってるわけではない。まあむしろドンパチイベントでも小芝居やってる、といったほうが現実なんだけどな。

  

Posted by Yakov at 17:33Comments(0)