QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2012年03月31日

続・民警(15)

 昨年3月に民警の名称がМилиция からПолицияへと変更されたのだが、近々制服もグレーから黒に近い濃紺基調に変更されるようである。筆者的には民警の制服=グレーという刷り込みが完遂されているのでひどく居心地が悪いのだが、その前にさかのぼれば・・・ということで今回は65年式制服でも。旧ブログでも紹介したはずだが、あそこは検索しにくいので主だったものはこちらでもおいおい紹介していくようにしたいと思う。



中佐のパレードおよび外出服。金属系付属品は銀色が基調になっているのがわかる。襟章も銀色なのだがサイズは当時の軍用とサイズは同じ。69年式ではこれがやや小さくなるのだが。



少しアップにしてみる。見慣れた69年式の色違いのようだが襟にボタンホールがあったり微妙な違いも見て取れる。胸の民警優等章は40年代から似たようなデザインだが、1962~68年には内務省が社会秩序保安省(МООП)と名称変更されていた時期なので記章も文字が違っている。・・・ピントが甘くてよく写っていないのでほかの記章と一緒にまた回を改めて。



同じく上級軍曹の礼服。肩章が軍でいう「任期延長勤務」のような織になっているのが面白い。まあ警察は徴兵ではないので「任期延長」仕様なのは当たり前な気もするが。



中尉の常勤服。肩章が「白をインクで染めた」ようなものすごい色なのだがこれがデフォルトである。ソ連89年式検事局の肩章もこれの伝統なのか無茶苦茶派手に光った紺色をしている。

・・・制帽やら記章やらはまた後日。  

Posted by Yakov at 17:44Comments(3)