QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年06月09日

特別編・69兵用装備(1)

 今回、友人が某博物館での特別展示を任されたのを幸いに、博物館の倉庫で半日X2回だらだら過ごすことができた(もちろんまともな手伝いもしたが)。
その倉庫で必要な展示品を掘り出しているついでに見つけた「69年の装備改変時に博物館に納入され、その後40年間誰も開けていない」兵用標準装備のリュックサックを撮影してきた。
個人装備+一日分のレーションが詰まったこの兵用リュックサック、開封した上から順番に見ていこう。
ちなみに博物館にはつきものの「封緘」とかはなかったので、撮影するだけなら特に問題にならないはずである(笑)。



袋を開けてまず見えるのが日用品袋。軍装市場に出回ることはほとんどない品で、筆者も初めて手にした。



中身はこのように歯ブラシ、石鹸、ブラシ、安全剃刀+備品などが入っている。



裏面には手ぬぐい等を入れるのだろうか、ポケットもついている。



その下にはポンチョと手ぬぐい、コップを収納した飯盒が収まっていた。



さらに下からはスプーン+油紙に包んだレーションをはめ込んだヘルメットが姿を現した。


使用頻度が結構高そうなヘルメットが一番下にあったり(体に当たって痛そうだ)少々合理的とはいいがたいところもあるが、少なくても装備改変時に当局が考えた「推奨収納法」のひとつであったのは間違いないだろう。
個人装備の収納法は(規定書に書くようなことではないので)適宜創意工夫で徐々に「快適」な方向に進化していったとは思うのだが、プロトタイプ的なものとはいえ公のパターンを直接目にできたのは非常に貴重な経験であった。

・・・やたらに長くなったので当時のレーション解説のほうは(2)でやりたいと思う。  

Posted by Yakov at 16:39Comments(4)