QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
Yakov

2011年04月22日

海軍夏セーラー

 またしても小ネタ、落穂拾いシリーズである。



87年製の半袖綿セーラー服。通常見かける海軍兵セーラー夏服はほぼすべて長袖で、このようなタイプを見た方は極めてまれではないだろうか。なにしろ熱帯地での航行要員用には、兵・士官とも青い半袖服が制定されているのだから。
・・・あっさり種明かしをしてしまうと、熱帯での海軍沿岸警備要員は1965年からこの服を着るべく定められているのだ。次の画像にある白ズボンとベージュ色のパナマ(+赤星帽章)とあわせて着用されるのだが、なにぶん地味な兵科なので報道写真で見る機会も少ないと思う。



白の綿ズボン自体は(夏季パレードに使用されることもあるので)生産量はそれなりにあると思うが、通常の地域では夏季常勤でも黒ズボンが着用されるため市場に出回ることは比較的少ないと思う。
入手困難な向きは(<希望者がいるのだろうか?)現ロシアの新型上下(セーラー・ズボンとも白一色)のズボンで代用されるのがよいと思う。  

Posted by Yakov at 18:16Comments(4)